弁護士記章の意味

弁護士記章は、弁護士になると日本弁護士連合会から受け取る事が出来ます。
弁護士になると必ず着用する事が義務付けられている弁護士記章は、弁護士にとってとても重要な物です。
弁護士バッチは、テレビのドラマなどで登場する弁護士バッチには、金色に光っている物と、銀色になっている物の2種類が存在しますが、純銀製のバッジの表面は金メッキ加工されていますので、着用していくにつれ、金色の部分が剥げて行き、銀色に変化していきます。

年季の入った弁護士の方が付けている弁護士バッチは年季が入っていて、ベテランを感じさせます。
そのため、最初に受け取った弁護士バッチや、紛失した際に弁護士バッチをあえて、こすったり、筆箱の中にいれたりするなどし、わざと傷をつけて汚す人もいるくらいです。

弁護士は、いろいろな証拠から世の中で起きた本当のことを見つけ出すという仕事です。
弁護士バッチ自体は、正義、自由、公正、平等という弁護士のモットーにデザインされており、他の代議士、検察官、裁判官のように、その身分を証明するだけでなく、弁護士としての自覚を促す大切なものになります。

弁護士バッチには、着用に対してしっかりした決まりや、紛失した際に必要な手続き、紛失してしまった際にどのようになるかを説明しています。
これから弁護士になろうとしている方、弁護士になったけど、トラブルで弁護士バッチを紛失してしまった方のために、必要な情報を紹介させて頂いておりますので、是非参考にしてみてください。


■TOPIC
会社の企業法務を一手に引き受けてくれる弁護士を紹介してくれるサイトです →→→ 企業法務

Copyright © 2014 説明しよう!弁護士記章の意味 All Rights Reserved.