フロアコーティングについての情報が満載です

フロアコーティングとワックスがけの違いとは?

フロアコーティングをすることで、フロアに使う素材を守ることになります。
保護剤を利用することで傷がつきにくく、光沢を保つことが可能になります。
住宅の新築時には間に合わない場合でも早めのコーティングを行うことで、素材をいつまでも綺麗に保つことが出来ます。
特に頻繁に利用するリビングやキッチンと言った場所には、より効果が見えて来ることになるはずです。
気持ちの良い住まいを保つには最適の方法となること、違いありません。

フロアコーティングの効果

フロアコーティングの効果 日本の住宅も畳を利用した部屋を作ることなく、フローリング利用したリビングが当然な時代になりました。
掃除がしやすいメリットがあると思われますが、フローリングにはキチンとしたワックスがけが必要です。
マイカー同様、キチンとワックスをかけないと、光沢がなくなり見た目にも薄汚く見えてしまいます。
忙しい生活を送る中、日々のワックスがけはかなりの労力になりかねません。
そんな労力を必要としないものが、フロアコーティングです。
フロアコーティングとは専用の保護剤を使うことで、フローリングに膜を張る効果があり、光沢を保つと共に傷を付けることも少なく出来ることになります。
また膜を張ることで、素材を傷めることも少なくなり、いつまでも新しいままのフローリングを保つことも可能となります。

フロアコーティングとワックスがけの効果の違いとおすすめする理由

フロアコーティングとワックスがけの効果の違いとおすすめする理由 自宅にフローリングのお部屋があるという方の場合、フロアコーティングやワックスがけなどでメンテナンスを行っている方が多いはずです。
ただ、どちらの方法も床に傷や汚れが付かないようにフローリングを保護することができるという点では同じですが、効果や費用の面などで大きな違いがあります。
ワックスがけは業者に依頼をしなくても自分でできるため費用もそれほどかからないと思われる方も多いようですが、4ヶ月もすれば効果が切れてしまうため定期的に行う必要があり、意外にも費用がかかります。
その点、特殊な技術が必要となるフロアコーティングは業者に依頼しなければならないため初期費用はかかります。
しかし、ワックスがけに比べて耐水性や防滑性などの効果がはるかに優れているフロアコーティングは、その効果が10年から30年ほど続くためメンテナンスの必要がないため、長期的に考えた場合にはフローリングのメンテナンス費用も少なく抑えることができるというメリットがあるのです。
そういったことから、メンテナンスの手間と費用を抑えながら長期間に渡ってフローリングを綺麗で快適に使用したいと考えている方にとって、フロアコーティングは最適なメンテナンス方法だと言えるのです。

新着情報

◎2020/6/17

健康面でも安全な種類
の情報を更新しました。

◎2020/4/14

コーティングで床の傷を防ぐ
の情報を更新しました。

◎2020/2/20

傷は塗りなおせば戻る
の情報を更新しました。

◎2019/11/12

汚れに強い床にする
の情報を更新しました。

◎2019/9/30

ツヤのある床にしよう
の情報を更新しました。

◎2019/8/30

サイト公開しました

「コーティング 効果」
に関連するツイート
Twitter

【UVカット*完全遮光】優れた品質、優れた遮光効果、優れた断熱性、高密度傘生地と日焼け止め黒ゴムコーティングを組み合わせ…

返信先:私なら滑り止め効果が高そうなコーティングされてる手袋付けて無理矢理外します。心配なら本体側を反対の手で抑えて外すと良いです。木材に強固に固定されてるのが普通ではありますが、ガラスねじ込み式は締め込むときに強く締めると次外す時が異常に固くなるので少しだけ緩めに締めるようにしてます。

返信先:いや~ほんとに塗布したときの浸透力と乾燥させてからの効果の持続力が今まで使ったどのコーティング剤よりイイですよね! そして、いつもイイ物を爆速発送有難うございます!! 今後ともよろしくお願いします~♪

高防水と高密度な生地と裏面のPUコーティングで防水効果と耐久性をアップ! 防水性は傘の10倍以上。アウトドアするなら必携です!

某ENE●Sで施工のコーティング(8万円台)は 雪や黄砂に弱いみたい😭 その都度LOOX先生でシミとり Proコーティング効果もう無くなってる説 実寿命は3-5か月か 代わりにamzonで購入の米国製コーティング剤 (2800円)とフクピカ使ってるから… EN●OSの下地処理は上手い 下地研磨だけサービス無いかな🤔