汚れに強い床にする

フロアコーティングとワックスがけの違いとは?

汚れに強い床にする

汚れに強い床にする フロアコーティングを施す事で色々なメリットがありますが、その中でも汚れに強くなるという特徴があります。
表面のコーティングが床を保護してくれますので、汚れがつきにくくなります。フロアコーティングの素材や種類などによって違いはありますが、共通しているのが床を綺麗に見せながら保護するという点です。
コーティングした床が汚くなってしまった場合でも、サッとモップなどで拭くだけで簡単に綺麗になるのが魅力です。従来の床掃除は雑巾などで水拭きをするのが大変でしたが、フロアコーティングした床は油など以外は水拭きをしなくても良いのがメリットです。
一般的なワックスの場合は掃除しているとすぐに剥がれてきてしまいますので、頻繁に塗り直す必要もありますが、コーティングは剥がれにくく、耐久性にも優れているのが特徴です。フロアコーティングをする事でお子様やペットなどが汚してしまっても掃除しやすくなりますので、検討してみるのも良いでしょう。

フロアコーティングなら気になるシミも予防できる

フロアコーティングなら気になるシミも予防できる ソースなどをこぼしてそのままにしておいたり、掃除を怠ってほこりが詰まってできてしまったりするシミは、普段の掃除ではなかなか落ちない頑固なものになってしまいます。これらは汚れがフローリングの木目などの細かい隙間に入ってきてしまうものなので、フロアコーティングをすることでその予防をすることができます。
汚れやこぼしてしまったソースなどがフロアコーティングの上でとどまり、染み込んでいかないので簡単な掃除できれいに落とす事ができるのです。シミができてしまい、それを落とすために専用の洗剤を買ってきたり時間をかけて掃除をしたりする手間や、自力ではどうしようもできない時にハウスクリーニングなどに依頼する費用などを考えると、その予防になるフロアコーティングをすることは、初期費用はかかるかもしれませんが長い目で見ればより効率的である場合も多いです。
何より手軽に綺麗な状態を維持できるのが、フロアコーティングの良い点だと言えるでしょう。

新着情報

◎2020/6/17

健康面でも安全な種類
の情報を更新しました。

◎2020/4/14

コーティングで床の傷を防ぐ
の情報を更新しました。

◎2020/2/20

傷は塗りなおせば戻る
の情報を更新しました。

◎2019/11/12

汚れに強い床にする
の情報を更新しました。

◎2019/9/30

ツヤのある床にしよう
の情報を更新しました。

◎2019/8/30

サイト公開しました

「シミ 汚れ」
に関連するツイート
Twitter

返信先:キムチチゲですか キムチって汚れが落ちにくいらしいよ 早めにシミぬき対応して落としてみて

マイクロバブル的なシャワーだと汚れ落ち、髪のキシミ、ドライヤーでの乾燥時間 全てにおいていい感じです (個人の感想です)

Amazon 【ながら洗車】シャドウ/影 120ml『水シミ 小傷 艶弾き全てに対応できるメンテナンス剤 』 BLACK STANDARD クイックディテーラー コーティング剤 車 汚れ 小傷 水シミ 雨染み 洗車用品

返信先:衿の汚れや何かでつけたシミはその時は分からなくても、時間が経つと出てくる事あります。

こたつ敷きのタグ見たら👀 洗濯機❌ドライクリーニング❌ だったから 冬の間コロコロと掃除機で ゴミ取りしてたけど… 取れないシミ汚れがあったから 思い切って洗濯機に放り込み にがり粒(塩化マグネシウム) 溶かして洗い♪ 乾燥機で、他の洗濯物と一緒に 乾かしたら✨めっちゃ綺麗になった✨